年齢を感じプレマリンを始める母!避けられない更年期障害

ホルモン剤のプレマリン

更年期障害の症状を改善するための薬として、プレマリンという薬があります。

女性に多く見られ、国内女性は40代に差し掛かると20人に一人の確率で生理不順を感じてきます。
日本人の生理が来なくなる平均年齢は50歳となりますので、45歳から55歳ぐらいの方を対象に更年期が該当するでしょう。
閉経になると卵巣の働く力が低くなる為、女性ホルモンの成分が格段に減少し始めます。
必要以上にイライラしたり、寝つきが悪くなる、やたら疲れやすい、等の不快な症状が見られます。

プレマリンは女性ホルモンを活性化させるための医薬品ですので、上記の症状を改善するだけではなく不妊治療に用いられる場合も多々あります。

30歳を過ぎて徐々にホルモンの分泌が減り、排卵しにくくなります。ですが晩婚が増加する今の時代ですので、30代を超えて妊娠を望む方も多くおりそのような方にとても需要の高い薬となっています。
自らの力でホルモンバランスを調整することは難しく、また崩れやすいため生理不順で悩んでいる20代の方でも服用している人は少なくないのです。

先ほど説明した更年期障害は軽度にも個人差があり、うつ病のように強い症状が出て治療の必要がある人は、更年期女性の5人中1人の確率といわれています。
女性ホルモンを調整するのは簡単なことではなく精神的なメンタル面において、ストレスを感じる方は多くいます。
また短期間で治るわけではなく、10年間ほど付き合っていく症状ですので、症状を和らげて少しでも毎日を快適に生活したいですよね。
プレマリンのジェネリック医薬品も開発されており、比較的安価に購入でき挑戦しやすい薬です。

女性なら、歳をとっても素敵な女性でいたい、と思うのは当たり前ではないでしょうか。
50代、60代でも美しい女性が日本にはたくさんおられます。
更年期障害を乗り越え、70代を超えておばあちゃんになっても綺麗を継続できるように頑張りたいですね。